安全性に優れている

安全性の高い治療

レーシックは「安全性の高い治療」だとされており、アメリカでは様々な学会でその安全性が認められています。また、日本でも厚生労働省による認可を受けています。レーシックは失明する危険性がほぼゼロに等しいとされており、これには治療で「見る機能」を司る箇所に一切触れないことが大きく関係しています。

「見る機能」に触れない

レーシックの治療では、基本的に角膜にのみ触れます。そのため、目の見る機能を司る箇所には一切触れることがないのです。また、治療による痕を残すこともありません。さらに、多量出血を起こす心配もありません。このことから、レーシックの治療が失明に繋がることはないといえます。

エキシマレーザーについて

レーシックの治療で使用される「エキシマレーザー」。これも安全性に優れていることがわかっています。エキシマレーザーは混合ガスを使って、レーザーを発生させる医療機器です。熱を発生させないため、熱に弱い角膜に傷をつけることはありません。また、角膜を性格に削ることが可能です。さらに、治療の際の痛みを軽減することもできるのです。このことから、エキシマレーザーによる治療は、安全性はもちろんのこと、即効性にも優れているという特徴を持っていることがわかります。

Copyright(c) 2015 人間の目はカメラに似ている|レーシック治療を受ける. All Rights Reserved. Design by Cloud template