目に良い生活とは

目にかかる負担が少ない生活とは

「目にかかる負担が少ない生活」。これこそが「目に良い生活」です。そのため、目の使い方はもちろん、その際の周囲の環境、食事や睡眠などの生活習慣に気を配ることがとても大切だといえます。たとえば、テレビやパソコンを楽しんだり、本を読んだりするときは、画面や本との距離感を意識することが大切です。パソコン、テレビ、本ぞれぞれとの距離感は、パソコンの場合50センチ以上、テレビの場合2メートル以上、本の場合30センチ以上が望ましいとされています。これらをあらかじめ把握し実践すれば、レーシック治療による効果を無駄にすることなく、より長く維持することができます。

正しい姿勢を心がける

悪い姿勢は視力の低下に繋がります。これは、目と対象物との距離が近くなり、目にかかる負担が大きくなってしまうことが原因と考えられています。そのため、普段の生活の中では姿勢を正すことも、とても大切なことだといえます。また、姿勢を正せば、上記で紹介した距離感を自然に保つこともできます。

室内の明るさに気を配る

目への負担を軽くするためには、照明にも気を配ることが大切です。机の上で作業をする際や、パソコンを使用する際などは、対象物と目との距離が近いため、電気スタンドなどで明るさをプラスすることが大切です。この際、注意しなければならないのは「光が目に直接当たらないようにする」という点です。光を目に向けるのではなく、対象物に向けるようにしましょう。このようにして効果的に目への負担を軽減すれば、より長くレーシック治療による効果を維持することができます。

睡眠と食事も大切

レーシック治療による効果を無駄にしないためには、睡眠や食事に気を配ることも大切です。睡眠時間が不足してしまうと、目だけでなく脳や体にも負担がかかってしまいます。そのため、毎晩6~8時間の睡眠を心がけることが大切です。この際、照明を消し、暗い状態にすれば、より目を効果的に休ませることができます。また、睡眠同様、食事もとても大切です。アントシアニンやDHAなどの栄養素は目に良い効果をもたらします。これらはブルーベリー、かぼちゃ、青魚などに多く含まれます。野菜・肉・魚をまんべんなく摂取するようにし、目に良い食生活へと改善しましょう。

Copyright(c) 2015 人間の目はカメラに似ている|レーシック治療を受ける. All Rights Reserved. Design by Cloud template