その後の生活

治療後の目の状態

レーシックによる治療を受けたあとの目は、治療部分にフラップ(蓋)が被さっている状態です。これは、最初はしっかりと定着せず不安定な状態にありますが、約1~2週間で切断面が再生し定着します。そのため、フラップがまだ定着していないと考えられる時期は、目に強い衝撃が加わったり、ゴミや汗などが侵入するのをきちんと防ぐことが大切です。万が一、上記のような状態になった場合、フラップがずれたり、ずれが原因でシワができたりなどが起こり、最終的には細菌感染を引き起こしてしまうこともあります。そのため、フラップが完全に定着するとされている、治療後約1~2週間の間は目の扱いに十分な注意が必要です。

治療後の視力

レーシックの治療を受けたあとの目の状態や視力には個人差があります。そのため、治療後すぐに視力回復を実感できる方もいれば、治療後はまだもやもやして見える方もいます。中には異物感があったり、夜間の光をいつも以上に強く感じたりと、目にあらゆる現象が起こる方もいます。これだけを聞くとレーシックに不安を感じる方もいると思いますが、これらの現象は治療後数日~数ヶ月で収まります。定期検査を受けたり、処方された薬を服用するなどして、目のケアをしっかりと行いましょう。

治療後の制限

レーシックの治療後1~2週間、ある程度、日常生活が制限されます。それには洗顔、洗髪、入浴、化粧、車両の運転などがあります。洗顔と洗髪は数日~1週間の制限が設けられます。目に水が入らないよう注意しなくてはなりません。化粧も数日~1週間の制限が設けられます。しかし、アイメイクに関しては1週間~2週間の制限が設けられるため、注意が必要です。車両の運転は、治療後の視界に慣れるまでという制限が設けられます。とくに夜間は人や物が認識しづらいため、視力がしっかりと安定したあとが望ましいといえます。これらをあらかじめ把握しておけば、より効率よくレーシック治療を受けることができます。

Copyright(c) 2015 人間の目はカメラに似ている|レーシック治療を受ける. All Rights Reserved. Design by Cloud template