内容を知る

治療内容

「Laser in Situ Keratomileusis」。これはレーシックの正式名称であり、「レーシック」という名はこれの頭文字を指します。角膜屈曲矯正手術(外科手術)の一種です。角膜の屈曲率を変えるために、角膜にエキシマレーザーを当てます。これにより視力を回復させることができるのです。そのため、メガネやコンタクトを使っていた方がレーシックを受ければ、これらが不要になり、裸眼での生活をスタートさせることができます。

治療内容

レーシックの治療は以下のような流れで行われます。
まず目薬タイプの麻酔を施します。その後、角膜の表面を削り、フラップと呼ばれる蓋を作成します。削った箇所にエキシマレーザーを当て、角膜を削り、フラップを元の位置に戻します。これで治療は終了です。最初はフラットの装着が不安定ですが、自然と定着していきます。
なぜこのような治療で視力回復が望めるかというと、角膜を削ると、角膜そのものを薄くすることができ、光の屈曲率を下げることができるため、近視を効果的に矯正することができるというわけです。

視力回復までにかかる時間

レーシックの治療を受けた後から視力が回復するまでの時間は、約2~3時間とされています。このことから、レーシックは即効性に優れている治療であることがわかります。しかし、これには個人差があり、場合によっては上記で示した時間が経っても、視力回復を実感できないということもあります。ですが、これは一過性のものであるため、治療後1ヶ月も経てば、視力回復を実感することができます。

Copyright(c) 2015 人間の目はカメラに似ている|レーシック治療を受ける. All Rights Reserved. Design by Cloud template