種類とメリット

レーシックの種類

低下した視力を回復させることができる「レーシック」。これにはさまざまな種類があります。
最初に紹介するのは「イントラレーシック」です。これはコンピュータで制御された医療機器を使用したレーシック治療です。そのため、的確で正確な治療を受けることができます。角膜が薄い方や強度の近視の方でも、受けることが可能です。次は「エピレーシック」です。これもイントラレーシックと同じように、角膜が薄い方や強度の近視の方でも受けられます。次は「ウェーブフロントレーシック」です。オーダーメイド感覚で治療が受けられます。一人ひとりの眼球や角膜の状態に合わせて治療を施してくれます。このように一概に「レーシック」と言っても種類があり、それぞれで異なる特徴を持っているのです。

治療を受けるメリット

レーシック治療を受けることで得られるメリットは多く、ここではそれをご紹介します。
レーシック治療を受ける方の多くは、メガネやコンタクトをしていますが、これにはコストがかかってしまったり、場合によっては日常生活に支障をきたしてしまうことが考えられます。しかし、レーシック治療を受ければメガネやコンタクトが不要になり、「裸眼」で生活していくことができます。
メガネの場合、スポーツをしている際、邪魔に感じてしまうことがあります。また、かけている状態でプレイすることはとても危険です。コンタクトの場合、寝る前に必ず外さなければならなく、外さなければコンタクトがくっついて目が開かないなどの大惨事に発展してしまうこともあります。レーシック治療を受ければ、このようなトラブルにあうことなく、はっきりとした視界で快適に過ごすことができます。まとめると、レーシック治療には「メガネやコンタクトの煩わしさから解放される」という大きなメリットがあることがわかります。

あらかじめ把握する

レーシック治療の種類やメリットをあらかじめ把握していれば、自分に合った種類がわかり、受ける意味などを明確にすることができます。そのため、レーシック治療がより有効なものになります。優良な眼科や医院でレーシック治療を受け、満足できる効果を得ましょう。

Copyright(c) 2015 人間の目はカメラに似ている|レーシック治療を受ける. All Rights Reserved. Design by Cloud template